2021年4月11日 釣果情報

おはようございまーす。
本日も伊万里湾がよく見えまーす。
カブトガニもよか顔しとる…

はい。
分かる人にしかわかりません笑

今日はエギングと根魚釣りで出港!
相変わらずイカは低活性?そもそもまだいない?の模様。

朝イチは藻場エリアから。
何回かアタリ有り。
身切れや乗らず。
その中で貴重な一杯ゲットです。

そこからは無となり、違うエリアのシャロー藻場へ。
藻の中から大小のイカがひょっこりはんしてたようですが、釣れず。
黒いやつもいたんですが、真っ白なやつが多いですね。
追いかけて来ても真っ白だと抱きにくい。
真っ白からやる気出させる方法もあるっちゃあるんですけど、今日は風と流れが強く難しい感じでした。

移動を重ねたりしてはみたものの反応なし。
私も投げてみたのですが、、、アタッてアワセたら乗らず。
噛み跡だけ残してエギが帰還。 難しいぞ今年の春ヽ(`Д´)ノ

気分転換に沖へ。
根魚はちょこちょこ釣れましたけど、魚もなんか食い気が乏しい感じでしたね(´д⊂)

海風が本格的に吹き出してきたので湾内へ避難。
ティップランやると意外に釣れました。


惜しかったのはメスが釣れて、後ろにオスのキロイカがチェイス!、、、、取れず汗
誰かが釣れたら、一応投げる準備をしてた方がいいですね!

徐々に水温が上がってきてます。
本格的にエギングシーズン到来?と言いたいですが、まだそんな気配がないです。
当船のシーズン到来!って言えるのは、『1人5杯以上は釣れる。』です。
釣る人で、去年の春シーズンの最高は1日に30杯以上です(30超えたら数えるのやめたようです。むしろ10杯以上釣れるようになると取り込みが出鱈目になります笑)

1日10杯の壁を越えると、エギング力が覚醒します(笑)
その壁が乗り越えれるように、イカ様には活発になってもらいたいものです!

ご予約・お問い合わせお待ちしております。

では!

★ご乗船の際★
陸っぱりのエギングと船でのエギングは根本的には同じですが、実は別物です。
船は常に動いている(風や潮等で)ので、釣りながら考えないといけません。
ただ、やることさえわかればすぐに対応出来ます。
予習としてよかったら見ておいてください。

①アテ側でのやり方

②払い側でのやり方

③藻場の本当の釣り方(笑)

お電話でのお問い合わせ

090-1926-7961

受付時間. 7:00~20:00 ※「WEBサイトを見た」とお伝えください。

メールフォームからのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文