釣りに関する言葉

あ行

アタリ魚が仕掛けに食いつき、糸や竿に反応が現れる状態。
アワセアタリのあった時、魚の口にハリをかける動作のこと。
アワセ切れ(あわせぎれ)アワセの時に、強くアワセたり、魚が大き過ぎたことで糸が切れること。
一荷(いっか)複数のハリに同時に二尾以上の魚が掛かる状態。
糸フケ(いとふけ)道糸がたるんだ状態。
入れ食い(いれぐい)仕掛けを投入するたびに魚が釣れる状態。
オマツリ(おまつり)自分の仕掛けと他人の仕掛けがからみ合う状態。

か行

空アワセ(からあわせ)アタリが無い時に竿を上げてアワセる様子。
聞きアワセ(ききあわせ)エサを食う魚を確かめるように、竿をゆっくりアワセること。
聞く(きく)魚がエサを食べているかを確かめるために糸を張る様子。
キャッチ&リリース釣った魚を生かしたまま、その場で逃してあげること。
食い(くい)魚がエサを食うこと。
食い上げ(くいあげ)魚がエサを食ってそのまま上に向かって泳いでくること。
食いが立つ(くいがたつ)魚が釣れ始めること。
食い込み(くいこみ)魚がエサやルアーなどを食い込んだ状態。
食い渋り(くいしぶり)魚がエサを食わず、釣れない状態。
消し込む(けしこむ)ウキが水中へと引き込まれる状態。
五目釣り(こもくつり)特定の対象魚を決めずに、いろいろな魚を釣ること。

さ行

誘い(さそい)仕掛けを動かし、魚に興味を持たせる動作。
さびく仕掛けを少しずつ自分の方へ寄せながら魚を誘う動作。
シェイキング竿を細かく振動させ、仕掛けを細かく動かす動作。
ジギングジグと呼ばれるルアーで釣りをする方法。
締め込み(しめこみ)魚の引きが強く、竿などが水中に引き込まれる様子。
シャクリ竿を上下させ、仕掛けを動かす動作。

た行

釣果(ちょうか)釣った魚の量や大きさなどの成果のこと。
取り込み(とりこみ)掛かった魚を手元に上げる動作。

な行

納竿(のうかん)その日の釣りを終えること。
伸す(のす)魚の勢いが強く、竿を下方向に持っていかれるような状態。

は行

バックラッシュ仕掛けを投げた時、糸が絡まってしまう状態。
早アワセ(はやあわせ)アタリがあった時にアワセを素早く行なうこと。
バラすハリ掛かりした魚を取り逃がすこと。
ヒット魚が掛かること。
フケ糸が水中でたるむこと。
ボウズ1尾も魚が釣れないこと。
ポンピング大物が掛った時に使うテクニックで、竿を起こして魚を浮かせたら、竿を倒しながらリールを巻く動作。

ま行

脈釣り(みゃくつり)ウキを使わずに脈を計るようにアタリだけで釣る方法。
向こうアワセ(むこうあわせ)魚自身からハリ掛かりしてしまう状態。

ら行

ランディング魚を取り込むこと。

魚に関する言葉

あ行

一束(いっそく)100尾のこと。
上物(うわもの)主に海の表層から中層にいる魚。
エラ洗い(えらあらい)ハリを外そうと海面でエラを広げて暴れる魚の行動のこと。

か行

回遊魚(かいゆうぎょ)一定のエリアに止まらず、大きな海域を泳ぎ回る魚。
型(かた)魚の大きさ。
木っ葉(こっぱ)数センチの大きさの魚で、木の葉くらいの大きさ。

た行

ツ抜け(つぬけ)10尾以上の魚を釣ること。

海に関する言葉

あ行

浅場(あさば)水深の浅い場所。
朝マヅメ(あさまづめ)日の出前後の時間帯。
上潮(うわじお)海面近くの潮の流れ。
沖上がり(おきあがり)沖での釣りが終わる時間・帰港の途につく時。

か行

河岸払い(かしばらい)船が岸から離れること。
際(きわ)防波堤や岸の側や端のこと。

さ行

時合(じあい)魚がエサに積極的に食いつく時間帯のこと。
時化(しけ)悪天候のために海上が荒れている状態。

な行

凪(なぎ)風の無い、波が穏やかな状況。

ま行

間詰め(まづめ)日の出、日の入りの前後の時間帯のこと。